TOKAI UNIVERSITY PRESS
近刊予定・催事案内等
過去3か月の新刊紹介
書名・著者名・ジャンル・目次等から検索
購入方法と販売規定
知的読み物ウェブ編集室
話題の書籍などを紹介
入会・変更・退会手続き
沿革・組織情報等を紹介
学部・研究所等の紀要
加盟団体・学会など
オンライン正誤表
書店様専用
購入予定書籍を確認
プライバシーポリシー
書籍詳細 東海大学出版部

アリストクセノス『ハルモニア原論』の研究


山本 建郎著

ジャンル1:哲学/哲学各論

ISBN978-4-486-01535-2 C3010 426頁 A5判
本体価格6400円+税 2001年02月20日

アリストクセノスは紀元前四世紀の古代ギリシャの哲学者、音楽理論家。アリストテレスの高弟としての著作を行ったとされる。本書は「ハルモニア原論」を考察し、アリストテレス的な方法論に依拠しつつ、アリストクセノスが何故にピュタゴラス派を超克したかを、哲学的な問題として総合的に論じる。


目次を表示 バスケットへ
Copyright (C) 2010 Tokai University Press all rights reserved.
このサイト掲載の文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。