TOKAI UNIVERSITY PRESS
近刊予定・催事案内等
書名・著者名・ジャンル・目次等から検索
購入方法のご案内
話題の書籍などを紹介
入会・変更・退会手続き
沿革・組織情報等を紹介
リポジトリへのリンク
加盟団体・学会など
オンライン正誤表
書店様専用
購入予定書籍を確認
プライバシーポリシー
書籍詳細 東海大学出版部

戦争・平和・国際組織

歴史的に考える


武田 昌之著

ジャンル1:社会科学/政治
ジャンル2:社会科学/国防、軍事

ISBN978-4-486-02175-9 C3031 256頁 A5判
本体価格6800円+税 2018年11月30日

国際連盟へと流れ込む思想の水脈は一つではなかった。そして、平和を希求する数多くの水流が1920年代を源泉として流れ出した。ブルンチュリ、シュッキング、ヴェーベルク、ゲルラハ、ヒラー・・・・・・さまざまな国際法学者の国際組織構想や、平和主義者の兵役と兵役拒否に対する見解を通して、近代の戦争と平和の常識を相対化し、さらには、日本国憲法第9条第2項の歴史的な意味を考える。


目次を表示 バスケットへ
Copyright (C) 2010 Tokai University Press all rights reserved.
このサイト掲載の文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。