TOKAI UNIVERSITY PRESS
近刊予定・催事案内等
書名・著者名・ジャンル・目次等から検索
購入方法のご案内
話題の書籍などを紹介
入会・変更・退会手続き
沿革・組織情報等を紹介
リポジトリへのリンク
加盟団体・学会など
オンライン正誤表
書店様専用
購入予定書籍を確認
プライバシーポリシー
書籍詳細 東海大学出版部

東アジア海洋問題研究

日本と中国の新たな協調に向けて


笹川平和財団海洋政策研究所,中国南海研究院編

ジャンル1:社会科学/国防、軍事

ISBN978-4-486-02196-4 C3031 282頁 A5判
本体価格3800円+税 2020年03月26日

我が国と中国は一衣帯水の関係にあり、相互に長い歴史を有し平和な交流を続けてきた。その関係性は困難な時期もあったものの、総じて発展の歴史であった。
この状況は海洋分野においても例外ではなく、様々な情報や文化が海を渡って日中両国にもたらされた。
一方で、近年中国が経済発展を遂げて大国として改めてその存在感を増してくるとともに、海底資源や水産資源を巡り日中両国で様々な争いが生じるようになった。加えて、日中両国を超えた地球規模の海洋をめぐる動きも近年活発になっている。
本書は日中両国が抱えるこのような諸課題への方策を提示することを目指し、日中両国の海洋分野における有識者を招聘し、4年にわたって笹川平和財団海洋政策研究所と中国南海研究院が実施した共同研究プロジェクトの成果を取りまとめたものである。


目次を表示 バスケットへ
Copyright (C) 2010 Tokai University Press all rights reserved.
このサイト掲載の文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。